豆知識 SSLって何?

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上の通信を暗号化する技術です。インターネット上のデータ通信は、第三者によって傍受・改ざんされる危険性がありますので。暗号化して内容を見えなくするものです。

SSLって何?

データ通信が暗号化されていれば、もし第三者が途中で情報を傍受したとしても、内容を解読することができないため、個人情報の流出や改ざんなどの深刻な事態を回避できます。
SSL対応でホームページのセキュリティを強化することで、訪問者が安心してアクセスできるホームページになります。

■SSLの仕組みを簡単に説明します。

SSLって何?

SSLではデータを暗号化したり復号化(暗号化を解除)するために必要な「鍵」を用いて送受信を行います。
SSLでは特定のブラウザとサーバーでのみ使用できる「共通鍵」を使って暗号化するため、データの送受信途中で不正アクセス等によりデータが流出した場合も「共通鍵」で守られているため、データの悪用を防ぐことができます。

■SSL対策しないとどうなるか?
●訪問者に安心を与えられず、結果訪問者が減ってしまう。
●検索エンジン(GoogleやYahoo)での検索順位の低下が予想される。
●個人情報が漏れる又は悪用されることにより、多大な損害が発生する。
●スパムメールや架空請求が急増する。
●ホームページから企業のイメージが悪化し、顧客離れや売上げの減少を招くことになる。
それ以外にも、どんな形でホームページやデータが悪用されるか分かりません。絶対に、SSL対策は必須と言えます。

お気軽にお問合せください

SSL対策やホームページ制作・管理・更新など不明な点などありましたら、
お気軽にお問合せください。

事務所案内 | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティーポリシー

Copyright © 2017 - All Rights Reserved - ピーシーホーム